高橋計介常務理事・研究所長が世界かき学会副会長に
 就任しました。
 

この度、世界かき学会 (WOS) の副会長に就任いたしました東北大学農学部の高橋計介です。 2017 年 9 月 11 日、イギリスのバンガー大学で開催された第7回国際かきシンポジウム の初日に行われた運営委員会において、森会長から副会長に推薦する旨の提案があり、運営委員会メンバーにより正式に承認されました。これまでも運営委員会メンバーとして活動してまいりましたが、新しい立場となって微力ながら WOS にさらに貢献したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

WOS は設立から 12 年が経過して会員数も 1,000 名に達しようとしています。大きく発展していることは望ましいのですが、組織が大きくなると運営に難しい面も出てくるようです。もともと WOS は、かきに関わる人、あるいはかきが好きな人は誰でも受け入れて来ました。その結果、多様な国々から様々な職業や立場の人々で会員は構成されています。この多様性こそが WOS のあるべき姿だといえるでしょう。

一方で、学会という立ち位置を忘れるわけにはいかないことも事実です。2年に一度開催され、 WOS のメインイベントといえる国際かきシンポジウム (IOS) の参加者は、どうしても研究者に大きく偏ってしまいます。生産者、流通・加工業者、そして消費者の方々を WOS の活動にどのように巻き込んでいくかが活性化のために重要となります。誠に力不足ではありますが、頑張りますのでよろしくお願いいたします。

  高橋計介氏 : 東北大学大学院農学研究科准教授 

 

 

世界かき学会の組織図



*世界かき学会について詳細はここから