国際かきシンポジウムは、財団法人かき研究所の主催により初めて2005年7月13日〜14日、東京で開催されました。国際かきシンポジウム開催は、世界の水産関係者にとって永年の懸案でありましたから、まさに歴史的に記念すべきイベントであったと申し上げても過言ではありません。
このシンポジウムの成功もさることながら、総括討議の席上、「世界かき学会(WOS)」が創設されたことでありました。
WOSのビジョンは、カキに関心をもつ世界の人々を人類の利益のために結集するということであります。WOSは今後世界各地で開催される国際かきシンポジウムの主催団体としての役割を担っています。

 さて、現在の幾何級数的な人口増加がこのまま続くとすれば、2050年には世界の総人口は80〜100億に達すると予測されております。陸上での食糧生産も限界に来ている以上、海洋での生物生産の増加と適正配分についての人類の知恵が強く求められております。
このために、地球環境調和型の水産増殖システムと健康増進戦略の構築、すなわち、「海を生かし,海に生きる」ための知恵の創造と啓発活動が今こそ重要です。
この目標に向かって、隔年開催の国際かきシンポジウムでは、かき産業の近年の進歩、機会、挑戦、課題、さらに人々の健康との関連についても討論し、かき産業の持続的かつ世界的発展を目指します。

かきは「海のミルク」と言われるように栄養価が高く、人類にとって最も伝統的なシーフードであります。それゆえ、水産増殖の思想ならびに海洋環境保全の思想を生み出す源となった、極めて重要な海産生物であります。国際貿易対象水産物としても、ますますその重要性を増してきております。
本シンポジウムが、世界のあらゆる場所においてカキの研究、生産および利用と何らかの関係をもつすべての人々に対して善意、友情および協力の踏み台になることを期待しております。
本シンポジウムでは多くの方々が、彼らの国のカキに関する歴史や現状、課題、開発、食文化等々について分かりやすく講演してくれます。講演やポスター発表の題目を見れば、今日世界のかき産業が直面する諸問題が分かりますし、興味ある啓発的なご意見が出されるものと確信しています。
各国からの参加者がお互いに知り合う機会を持つことができ、また参加者間の情報や経験の交換は、我々が切に求めて止まない国際相互理解に大いに貢献するものと確信しております。
(平成19年11月27日第2回国際かきシンポジウム開会式挨拶より)

 

 

目   的
人と水環境と水産生物の調和の実現を理念とし、カキを中心とする各種水産生物の試験研究、並びにカキの研究、生産及びその利用に係わるすべての人々の関係構築を図る活動を行い、広く学術ならびに産業の発展に寄与する。
事業内容
(1) カキなど二枚貝類をモデル生物とした試験研究
(2) 研究者、技術者等の指導育成及び研修会の開催
(3)カキに関する研究を行う大学・試験研究機関等の若手研究者に対する研究助成
(4)カキ産業・食文化に係わる国際シンポジウム・地域フォーラム等の開催並びに開催支援
(5) 水産養殖技術に関する調査研究等の受託及び協力
(6) その他この法人の目的を達成するために必要な事業
沿   革

昭和36年10月26日文部省所管の財団法人として発足して以来、「人と水環境と水産生物の調和の追求」を基本理念とし、沿岸漁業の発展の基礎となる有用海産生物の種苗生産に関する生理・生態・技術の研究、地域の産業開発、若手研究員の育成、などを行っている。平成17年7月東京で第1回国際かきシンポジウムを開催し、世界かき学会の事務局として、かきの研究、生産およびその利用に係わるすべての人々のネットワーク構築を図る活動に重点を移しつつ社会貢献活動を続けている。
平成22年11月9日内閣総理大臣から移行認可を受け、11月11日一般財団法人の設立登記を行った。公益目的支出計画にもとづき事業に取組んでいる。詳しくはここから
平成23年3月11日東日本大震災の津波により気仙沼市唐桑町の臨海研究施設は全壊した。事業の現状及び将来方向等を勘案して同年9月本施設を閉鎖した。

住   所


〒989-3204 宮城県仙台市青葉区南吉成6丁目6−3 ICRビル2階


交通手段  
 バ ス 仙台駅前バスプール15番乗場から、「南吉成・国見ケ丘1丁目団地行」又は「南吉成・中山台・実沢営業所行」に乗車(約40分)、「南吉成5丁目」で下車、徒歩5分。
  車 仙台市中心部から「仙台西道路」経由して、「仙台北環状線」を泉中央方面へ約20分

 

一般財団法人かき研究所役員等の名簿はこちらです。



公益目的支出計画について

 かき研究所は、平成22年11月9日内閣総理大臣から一般財団法人への移行認可を受け、同月11日に新法人としてスタートしました。今後は内閣府から承認された「公益目的支出計画」に従い、本計画に掲げた公益のために行う実施事業を着実に実行してゆきます。
  この実施事業は、新たに着手する3つの公益目的事業と従来から取組んできた2つの公益事業の5つの事業です。

新規事業 
1.カキに関する研究を行う大学・試験研究機関等の若手研究者に対する研究助成 >>ここから 
2.カキ産業・食文化に係わる地域フォーラムの企画開催 >>ここから  
3.カキなど二枚貝の特性を生かした環境評価法に関する研究 >>ここから 

継続事業
1.かき産業のグローバルネットワーク構築を目指す世界かき学会活動 >>ここから
2.ノロウイルスフリーかきの生産法確立及び養殖かき品質向上のための研究 >>ここから